売却について

京都の不動産売却をお考えなら

任せて安心という宅建業者は少数だと思っています。
それは、従来以上に業者間の競争が激化しており、売主様の意向はなかなか反映されないのが
実情のようです。

京都には、放置されたように見かける空家等を良く見かけます。

所有されている方は、他府県にお住まいになっておられるとか、相続登記は完了しているものの、
相続人の意志統一が図れない等。

あるいは転売して、思い出のある家を壊され斬新な建物が建つことにも抵抗を感じる、
その現状で貸すことができないだろうか等を考えられる。

貸そうとしても痛んだ箇所を修正しょうとしても改装代が高くつく。
ビルを売却しょうとしても、築年数が古ければ建物が返って邪魔になったりする。

大切な事は、今流行のリノベーションを活用し建物の評価を上げることが出来ないか。

建売用地になる可能性がある土地を売却しょうとすれば、結構買主が名乗りを上げる。

高く売ろうとすれば、ハウスメーカーに立地条件が合えば是非アプローチしてみたい。

ハウスメーカーは土地で利益を見込むのではなく建物を販売するのが目的だからだ。

信用という言葉の信憑性が問われる時代、私たちは期間を決めて例えば弁護士と提携し、
入札を行うことを目標としている。

長年大切にされてきた不動産、売却をお考えならその不動産価値が最も生かされる方法を、
提案しています。

I.C倶楽部事務局 
電話:075-583-3337 FAX:050-3488-2205

収益不動産オーナー倶楽部
京都・異業種交流会I.C倶楽部
京都不動産情報
京都中古マンション情報
インターネットビジネス活用交流会:京都・I.C倶楽部
悩み、解消ネット