Category: 昭和の戦後を生きて

銭湯 もらい湯 行水

僕の子供のころは自宅にお風呂がありませんでした

覚えているのは、今では死語と思いますが「もらい湯」「行水」です

「銭湯」は減りつつありますが、最近ではスーパー銭湯の出現で一風変わって楽しめますね

そんな僕の昔の話です

 

実家近くに親戚が2件ありました、そこは工務店を経営していた親戚で家には

お風呂がありよく「もらい湯を」してきました、でも毎回行くのは気を使っていたと

思います、なので歩いて20分か30分かかる銭湯に母と祖母と行ったのをかすかに覚えてい

ますまあ近くではありませんが、3軒ある30分以内で行ける銭湯に冬は1日置きにいったもの

でした。

夏は、自宅で「行水」でした・・大きな「たらい」が裏の通路に置いてあり、大きなやかんにお

湯を沸かしてそばに置き、蛇口にホースをから水で熱さを調整してたのを覚えていました

幼稚園になると、10分で行ける銭湯が出来そこにほぼ毎日でありませんが行っていました

道を挟んで前に長屋が二棟ありそこの同級生、年上と子供たちで集まって行ってました

帰りも友達みんなで恒例でたこ焼き屋に寄り今日の残りをただで頂くということもありました。

今では近所の友達同士で銭湯に行くってありませんよね

ほんと昭和ならではの思い出です

京都祇園四条通八坂神社風景の今昔

大正時代の写真ですが、市電が走っています。

電車の登場は、京都の変貌を加速していったようです。

I.C倶楽部事務局 
電話:075-583-3337 FAX:050-3488-2205

収益不動産オーナー倶楽部
京都・異業種交流会I.C倶楽部
京都不動産情報
京都中古マンション情報
インターネットビジネス活用交流会:京都・I.C倶楽部
悩み、解消ネット

学校の前に来ていた行商人

こんにちは

当方は53歳です、かなり昔の話です

当時小学校の前に行商人がよく来ていました

デパートや、おもちゃ屋には売っていないようなおもちゃ??

よく来ていたのは、飴細工屋 カラフルな食紅を使い

水あめに混ぜて白くしてこねて、綺麗な鳥が出来上がり

筆で食紅を塗り、羽は糸きりはさみで綺麗にカットされ羽が出来上がる

見事な飴です、食べるのがもったいない・・・

 

試験管に水を入れて、中に青と赤の棒のような物が入っている

行商人が「はい、赤が下がります~はい次は青が下がります~」

「はいどちらも上ってきます~」と手品のように面白い

これが100円もする・・・今の価値で1000円位

もう欲しくて欲しくて仕方が無い・・・・

家に帰り母親の財布の置いてある所を知っていたので

勝手に1000円を抜いてしまい・・・買ってしまったことがある

持って帰れず、一日遊んで自分で投げて割ってしまい

しらぬ顔して帰ると・・・母親から呼び出され

しっかり財布から取ったのを知っていた

結果は、叱られて表にしばらく出されてしまった・・・

いまでは楽しい思い出

電気炊飯器の登場

おこげができない、スイッチ一つでご飯が炊ける-。

この革命的な出来事は昭和30年に起こった。  

電気がま・電気炊飯器の登場である。

東芝から世に送り出されたこの調理器具は、これまでのかまどでまきをくべて、
火の調節をしながらの炊飯作業を、スイッチ一つに置き換えてしまった。  

真っ白な胴体に銀色のふた。胴体の取っ手、スイッチの部分に黒の
ベークライトがアクセントになっている。

当時の炊事場ではひときわ目立ったであろう。  

1.1リットル炊きが定価3,200円で新発売となった。

当時、大卒の初任給は5,000円から10,000円ほど。

50,000円前後はする洗濯機や冷蔵庫に比べて安価であったことや
実用性も高かったことから、電気炊飯器は一気に普及したようである。  
 

今の電気炊飯器には一機能をPRする言葉として「かまど炊き」がよく使われている。

味の点では電化以前を懐かしく思うのだろうか。  

I.C倶楽部事務局 
電話:075-583-3337 FAX:050-3488-2205

収益不動産オーナー倶楽部
京都・異業種交流会I.C倶楽部
京都不動産情報
京都中古マンション情報
インターネットビジネス活用交流会:京都・I.C倶楽部
悩み、解消ネット

テレビ

茶の間の視線くぎづけ

「お茶の間のみなさんこんにちは」という司会者の第一声で始まるテレビ番組がよくあった。

家族が一つの部屋に集まり、だんらんしながらの視聴を想定した言葉だった、と思われる。  

家庭内にテレビが置かれるようになったのは昭和30年代のことであるが、
一様に行き渡ったわけではない。

初期には街頭テレビやテレビのある家に人が集まるという現象が起きた。

テレビ、電気冷蔵庫、電気洗濯機は俗に「三種の神器」とも呼ばれ、主婦のあこがれの電化製品だった。  

お茶の間の風景に溶け込んだテレビの普及は、家庭生活を大きく変えていったのです。

I.C倶楽部事務局 
電話:075-583-3337 FAX:050-3488-2205

収益不動産オーナー倶楽部
京都・異業種交流会I.C倶楽部
京都不動産情報
京都中古マンション情報
インターネットビジネス活用交流会:京都・I.C倶楽部
悩み、解消ネット

蚊帳「かや」

寝苦しい夏の夜 涼しい風を誘う

テレビを見ていると、コマーシャルに懐かしい夏の風景がよく登場する。

手押しポンプの井戸や、縁側で昭和30年ごろの製品と思われる
扇風機の風で涼む姿などである。

画面を見ていると、涼しさがよく伝わってきて、
「日本の夏」が懐かしく思い出されるから不思議である。  

日本の夏といえば、工夫して涼しさを得ることのほかに、ハエや蚊といった
この時期に大量発生する害虫との戦いも風物といえる。  

麻で作られた緑色の蚊帳は寝室などにつるされ、寝ている間、
蚊の侵入を防いでくれ、安心して休むことができた。

蚊帳をつっておけば、窓を開け放って少しでも涼しい風を取り入れることができ、
寝苦しい夏の夜を気持ちよく過ごせたと、よくうかがう。

薄っぺらな麻製品ではあるが、結構高価な商品で六畳用の本麻の蚊帳が
昭和20年代の後半で約5,000円ほど、大卒の銀行員の初任給とほぼ同額であった。  

部屋全体につる方式の蚊帳のほか、傘のように広げて
用いる幼児用の折り畳み式の蚊帳もよく使われた。

昭和30年代に入ると、本麻の製品のほか、ナイロンなど合成繊維の蚊帳も用いられた。

子どものころ、蚊帳のすそを大きく持ち上げて入り、親からしかられた記憶がある。

蚊帳に入るときは、蚊が入らないよう、蚊帳のすそを体の線に沿わせて慎重に入らなければならなかった。

I.C倶楽部事務局 
電話:075-583-3337 FAX:050-3488-2205

収益不動産オーナー倶楽部
京都・異業種交流会I.C倶楽部
京都不動産情報
京都中古マンション情報
インターネットビジネス活用交流会:京都・I.C倶楽部
悩み、解消ネット

大掃除「衛生掃除」の風景

戦前の写真ですが、昭和20年代は子供も手伝い、
町内上げて大掃除、衛生掃除が行われていました。

大掃除は、町内一斉に行われた、ひと昔前の夏の風物です。

大掃除は「煤払い」とも称して、明治以前から広く一般家庭で行われていましたが、
その時期は年末であり、新年迎えの年中行事的色彩の強いものでした。

明治になるとそうした煤払い以外に、コレラを主とした疫病対策の目的で、
7~10月の夏場に行われるようになります。

明治13(1860)年に内務省の指示により各府県に衛生課が設置され、その指導の下、
京都市内では各学区ごとに衛生員が設置されました。

昭和に入ると、「衛生掃除」ともいわれ、年中行事化し、夏の風物詩のようになります。

衛生掃除の時に店を開けていると肩身が狭かったといわれるように、
昭和になれば全戸参加の行事でした。

1.手伝い人か 手拭いを被っています。
 手伝いの人は、テッタイサンといって、出入りの大工さんなどに頼んで数人に来てもらっていました。
2.トムシロを干す。
3.畳をはたく。
4.シュロ製の手箒 ほこりをはらう。
5.丸太 畳を置く土台とする。
 丸太を2本敷いて、その上に畳を立て掛けています。
 畳と畳の間にはかまぼこ板などを挟んで、風通しを良くしました。
6.リンゴ箱 この上に畳を置いてはたく。

I.C倶楽部事務局 
電話:075-583-3337 FAX:050-3488-2205

収益不動産オーナー倶楽部
京都・異業種交流会I.C倶楽部
京都不動産情報
京都中古マンション情報
インターネットビジネス活用交流会:京都・I.C倶楽部
悩み、解消ネット

子供の活気が地域を元気にしていた。

泥んこ遊び、まりつき、野球、子供の発声する黄色い声が
日没まで続き、町全体がとても元気だった。

 

玄関先にも多くの子供、女の子はよくお手玉をしていたな。

男の子は、めんこに熱中していた。

I.C倶楽部事務局 
電話:075-583-3337 FAX:050-3488-2205

 
収益不動産オーナー倶楽部
京都・異業種交流会I.C倶楽部
京都不動産情報
京都中古マンション情報
インターネットビジネス活用交流会:京都・I.C倶楽部
悩み、解消ネット

傷痍軍人が痛々しかった。

アコーディオンを演奏する人、その前に戦争で両足を失った人。

昭和30年頃まで、このような光景をよく目にした。

この方たち、今の日本をどう思われるのだろう。

I.C倶楽部事務局 
電話:075-583-3337 FAX:050-3488-2205

 
収益不動産オーナー倶楽部
京都・異業種交流会I.C倶楽部
京都不動産情報
京都中古マンション情報
インターネットビジネス活用交流会:京都・I.C倶楽部
悩み、解消ネット

一番いい服を着てデパートへ

エレベーター、大食堂、屋上遊園地。

デパートへつれてもらう時は、最高の贅沢気分だった。

屋上にあった金魚すくいやフナ釣、何よりも好きだったのが
小鳥を売っていた店、いつまでも退屈しなかった。

I.C倶楽部事務局 
電話:075-583-3337 FAX:050-3488-2205

 
収益不動産オーナー倶楽部
京都・異業種交流会I.C倶楽部
京都不動産情報
京都中古マンション情報
インターネットビジネス活用交流会:京都・I.C倶楽部
悩み、解消ネット